シロートおじさんのFX挑戦~2020年3回目~

はい、どうも、うにだすです。用事などで時間が取れず2週間分の確認となりました。状況を確認していきましょう。

前回の記事はこちら

A口座(メイン)での運用結果(2020/01/19~02/01)

  • 決済:-1520 (通算 1469/50000)
  • スワップ:117 (平均8.35円/日 未達成 累計5143)
  • 継続期間:155日

2020/02/01現在保有状況

  • トルコリラ 買4000通貨 (平均 18.608 必要証拠金 3000)
  • メキシコペソ 買7000通貨 (平均 5.823 必要証拠金 1652)

状況解説

2020/01/20あたりで、メキシコペソが5.907を付けてその後5.850あたりとのレンジを形成するのかなぁ~と思ってたら・・・新型肺炎ですよ。1/27 18:00ぐらいにかけて円高で推移しました(メキシコペソは5.738あたりまで)月末に向けて決算情報などが出て盛り返していましたが、流行病の情報がどんどん出てくるのでなかなか、上がりにくい状況でした。

この間「フラクラ」コワかったおいらは泣く泣く損切りしましたが、結果的に戻ってきてたので損切は本当に「損」となってしまいました。決済で-1000オーバーきついですね。

次週は相場が戻ってきてほしいとは思っています。

 

B口座(奥さん口座)での運用結果(2020/01/19~2020/02/01)

こちらは、年初に再スタート用の全決済とか、買付失敗とかで決済が約ー3000円からスタートしていましたが、今回はどうだったのでしょうか?確認していきましょう。

  • 決済: -8587 (累計 -11426)
  • スワップ:331 (累計 495)
  • 資金振替:11429 ※毎月2000円分を含む

状況解説

流行病の関係で持ち分が下がると思い、「売り」をかけていたわけですが、どうもうまく処理をすることができず損を拡大してしまいました。また取り返すのに「オーストラリアドル/円」で戦っていたわけですが、予測と実際値があってなく、今回のマイナスの大半は「オーストラリアドル」分で出してしまいました。そして、この記事書いてる2020/02/06は上昇中という・・・。予測がどうも2週間程度ずれているようです。なかなか現実とマッチしないんですよねぇ~。難しいです。

予定外の資金振替でしたので、今後しばらくは動かさず様子を見ようと思っていますが、ちょっと悔しいので「オーストラリアドル/円」ペアでなんとか少しでも回収したいですね。

※2020/02/06 05:00現在の保有分

  • オーストラリアドル 買1000通貨 (平均 74.078 必要証拠金 2963)
  • 南アフリカランド  買19000通貨(平均 7.472 必要証拠金 5662)
  • トルコリラ     買5000通貨 (平均 18.269 必要証拠金 3675)
  • メキシコペソ    買13000通貨(平均 5.767 必要証拠金 3068)

 

C口座(積み立て用)での運用結果(2020/01/08~2020/01/31)

こちらは、毎月2000を積み立てしながら、一部購入しスワップ及び決済で増やしていくというものです。基本スワップ狙いなのですが決済した場合にスワップ換算20日以上の場合は積極的に流していこうと思っています。

  • 決済:280
  • スワップ:81
  • 積立金:4000円(初期2000+2月分として2000)
  • 2020/01/31現在保有分 メキシコペソ 買10000通貨

状況解説

基本としてメキシコペソを積み立て対象とし、長期保有でスワップ狙いだったのですが5000通貨保有で差額100円以上が2回あったので決済しています。これはうまくレンジ内で動かすことができたのでよかったんですが、調子に乗って高めで買ってしまったんですよね~。これが途中でマイナスで清算することとなり、買いなおしたのがまた上がる・・・ということで、結果的に決済が280となりました。

スワップについては、ほぼ毎日5000通貨(スワップ4円)は持ってる状態だったので80円近く出しましたね。今月だけなら、360/2000ということで、18%・・これが、ずーーーとつづくといいんですけどね。

2月分積み立て2000円を追加したのち5000通貨*2という形で保有しています。メキシコペソに関しては上がり目になってるので、1つは決済してしまって、もう一つの5000通貨分をなるべく長めに持って、そこそこの金額で決済する。という考えでやっていこうと思っています。

病気が流行るとどうなるの?

はい、どうも、うにだすです。2020/01/22現在で、新型肺炎(コロナウィルスによるもの)が全世界的に拡大中ということで、不景気になる⇒株暴落→リスク取り→円買い・・・という流れになっていますね。このような状態の時シロートが注意しないといけないのはどんなことでしょうか?

予想がつかないときの円高への対処

まず、おいらは、2019/08/26あたりで起こったフラクラを見て体感しています。なので、絶対にこいつにだけは損をしてでも巻き込まれたくないのです。

ということで、おいらを含むシロートがすべきことは、現在の投資額を守るために「撤収」することです。ただ、問題はその規模ですね。下がる原因にもよりますが、ある程度調整が終わると、下がっているため「買い」が入ります。

この時に一緒に買って、高値で売り抜ける。という動きをすることになります。まぁ~シロートがこれができるようになるとシロート卒業って話なんですけどね。

資金に余裕がある場合は

下げの期間が短いと予想、または資金がある場合は「売り」を用意して回収を試みます。今回のように「何らかの疫病が発生」→感染者が出た。となると、連鎖的に反応しますが、その後の情報(拡大の報告や終息宣言など)が出ない場合はそのほかの経済情報で売り買いが発生するので、下がるのは一時的、またはレンジが形成されてその中で上下が繰り返される。という動きが予想できます。

なので買い部分は一切手を付けずに、新規で「売り」を用意しある程度のところで清算する。これがうまくできれば、損切りもしなくていいし、「売り」の清算分が「プラス」にもなります。

まとめ

資金に余裕がない、または、始めたばかりで「損切」してもあまり痛くない場合は、程度にもよりますが損切りをして含み損を軽くしてフラクラに合わないようにすることです。

資金に余裕がある場合は、手持ちには手を付けず(または一部損切り)「売り」を用意してさらなる収入を得るチャレンジをしてみましょう。

おいらは、まだシロートを脱出できないので一部損切りして回収した資金を元手に「売り」をして・・・という危ない橋を渡っています。まぁ~だからなかなか増えないんですけどね。

※円高に関するそのほかの記事

1.株価暴落(未曾有鵜の大暴落)を危惧してる人がいますが・・・?

2.円高になったら、外貨預金(または1倍FX)

株価暴落(未曾有鵜の大暴落)を危惧してる人がいますが・・・?

はい、どうも、うにだすです。

バブルってはじけるの???

世間では、そろそろバブルがはじけて暴落するんじゃないの??という話がちらほら出ています。当然のごとく「上がったもの」は実質的価値がつかない限り「必ず下がる」わけです。問題は「程度とタイミング」ですよねw。

おいらでもわかるぐらいなので、有料で記事かいてる人はとっくにどの時期に「危ない」かはわかっています。しかし、おいらのような一般人には「こんなかんじぃぃ~~」というあいまいな想像はできますが、実際にズバリと言い当てることはほぼ不可能です。

ということは、事前に準備をしていかないといけません。

株価暴落・・・わぁ~たいへんだぁぁ~~ってならないためにも、ある工夫が必要です。

株価が下がったら価値が上がる物を買う

結局これしかないんですよね。100の資金をこれに回せとは言いませんが、「落ちる」ことが予想されているのならば少しは手を出すべきです。

どんなものを・・?ってなりますが実はあまりないです。

1債権

2ダブルインバース系の株

3農家をする

はい、まずは金融で勝負するなら最終的には「債権」を保有することになります。もちろん赤字になる債権はダメですよ。しかし、儲かるまたは拡大する要素があるなら買うべきだとおもいます。

株の場合「ダブルインバース」系の株式に手を出すことですね。平均株価が下がれば「上がる」という動き方です。

農家は、わかりますよねw「現物」を作って優位に立つというものです。逆な言い方をするとメイン業務が農家で副業として金融に手を出してる状況ですね。

まぁ、一般人は2のダブルインバース系をかなり底で買って、不景気になって「値が上がったら売る」というのが手っ取り早いと思います。